中島工業

Profile

やりがい・ワクワクがたくさん

2019年4月入社・新卒採用

中島蓮弥    /      中島工業  設備部

この会社の魅力、一番面白いところ

魅力は何よりも人の良さです。他社で働いている友人に話を聞いていても、面倒見の良さをすごく感じます。
その他にもいろいろな協力業者さんと出会い、仕事を通して仲良くなり、自分が困ったとき相談できる人が多いのも魅力の一つであり、面白いところだと思います。
また、工事が完了するときに「無事に怪我もなくやり遂げた」と達成感を得ることができるのも魅力であり面白さだと思います。

この仕事を選んだ理由

大学時代は何が自分に向いているのかどんな仕事がしたいのか、明確なイメージは全くありませんでした。
定年退職まで働くなら、人の良さや働く環境だと考えていました。学内説明会に参加し、多くの会社説明の中で中島工業と出会いました。
他社より笑顔の多い会社だと思い採用試験を受けました。地元の営業所に見学させていただいたとき、ういった仕事をどこでしているのかを説明して頂き、帰ってイメージしてみたところワクワクし、自分もやりたいと感じたのが決め手でした。

大変なことがあっても、この仕事をやめていない理由

大学で習っていたこととは違う業種で、何を話していいのか何をすればいいのか全く分かりませんでした。
現場で先輩に怒られることが多いですが、しっかり理由も教えてもらえ納得できるように説明して頂けるのでつらくなったりもしません。
周りの職人さんたちからも学ぶことが多く、工具の名前や使い方などいろいろなことを教えていただき、きついから辞めたいと思ったことはないです。
私は「中島工業の中島にあの現場を任せたら安心だ」と思ってもらえるような人になりたいので、仕事を辞めるという選択肢はないですね。

仲間との間で大事にしていることは何か

職人の方とのコミュニケーションの中で、自分のイメージが正しいのか悪いのか、イメージの共有が正しくできているのか、伝わっているのかを一番大事にしています。
私が目標としている現場監督は、上から物を言うでなく、へりくだるわけでもなく、仲間と対等に仕事をする人です。その中で自分から話しかけてみたりしてコミュニケーションをとることは重要だと思います。
同期とは離れ離れになりましたが、これからも連絡取りお互いに切磋琢磨しあえる関係でいたいです。
またそう思える同期メンバーなので、個人的に年に1回ぐらいは同期が集まる日をつくりたいなと思っています。同期は個性的ではありますが、会えば安心する特別な存在だと思っています。

あなたの仕事をどのように次世代に伝えていきたいか

「終わらない現場はない」
良くも悪くも現場は絶対に終わる時がきます。その結果を良いものにするのかは自分次第です。安心してがむしゃらになってほしいです。
「分からないことは先輩や職人さんに聞いて一つずつ覚えていけばいい」と伝えたいです。
実はこの言葉は私が先輩と職人さんにかけてもらった言葉で、とても心に響いた言葉です。
次世代の方たちにもこの言葉を胸に安心して働いてもらえればと思います。私も次の世代にこの言葉を伝えていければと思っています。

未来を、想造する