中島工業

Vision ビジョン


Nakajimaグループを牽引する
2社のリーダーが語る、ビジネスの現在と未来

中島工業株式会社 代表取締役社長 山脇秀敬

山脇秀敬
会社のビジョンを教えてください
山脇:

我々のビジネスを一言で表現すると、「水と空気の力を与える会社」ということになります。
水と空気の分野は、どんな世の中になっても必要不可欠と言われる存在です。
我々が提供する工場向けの水・空気領域の設備工事業というのは、比較的ビジネスが安定しています。どんな規模、業種の工場にも必要だからです。加えて、社員が若くて当事者意識が高い。我々の将来は非常に明るく、今後も成長を期待できるだろうと思っています。

新しく兄弟会社としてAIエンジニアリング株式会社を作りました。
これは中島工業が「ヒト」によってサービスを提供していたところを、今後は「センサー」や「モニター」などで見えることを活用しながらデジタルテクノロジーでビジネスを展開していこうという会社。
他社がまだやっていないようなところにどんどんチャレンジをしているところですし、ありがたいことにお客様に認めて頂いているという状況。今後がとても楽しみですね。

この仕事の魅力、一番面白いところは何ですか?
山脇:

ビジネスの幅が広く、深いことだと思います。例えば弊社は「井戸の掘削」という少々特殊な珍しい仕事もしています。
「井戸を掘っている」ということを聞くと、いまどきそんなことをやっているのと思われる方がたくさんおられることでしょう。でも、日本は世界でも有数な水資源が豊富な国。いまでもこれは変わっていません。弊社では、井戸から水をくみ上げて、ろ過をして綺麗にし、お客様に使っていただき、その後の水を排水処理をする、さらに空調分野ではクリーンルームの設計や施工、そして電気の見える化など幅広い仕事を1社で行います。こうした水・空気・電気といった仕事は、目立たないんですけど、本当に世の中に不可欠な仕事なのです。
ありがたいことに、我々は90年以上お客様に可愛がっていただき、しっかり評価も頂いているという状況。そういった目立たないんだけど実は世の中にとって必要不可欠な存在であるというのがこの会社の1番の面白さだと思っています。

社長として、社員との間で大事にしていることは何ですか?
山脇:

意識をしているのは、「正々堂々」ということと、「悪い情報こそ早く展開すること」ですかね。
色々なチャレンジを同時多発的にやっていただくことはとても素晴らしいことなのですが、何でもやって良いかといえば、そんなはずはありません。その際に問いかけたいことは、「これは正々堂々と胸を張ってできることか?」ということです。もうひとつは悪い情報をいかに早くダイレクトに聞かせてもらうか。そういう意味では社内にハードルを作らずに、しっかりオープンに、という意識を持っています。

私は社長と呼ばれると否定しています。社長は役割ですから(笑)
新入社員からも「山脇さん」と呼ばれますし、直接いろいろな質問をしてくれるような若手もいます。そういうことはありがたいと思いますね。

この仕事をどのように次の世代に伝えていきたいですか?
山脇:

この仕事は恐らく未来永劫ある仕事だと思っています。
例えば紙の書籍が電子書籍になるとかなど時代の変化があっても、おそらく水とか空気とかが不必要な状況というのは考えにくいでしょう。
ただし、目立つビジネスではありません。逆に言うと目立たないビジネスだからこそ、面白さがある。
そして、間違いなく世の中にとって役に立っているビジネス。だからしっかり対価も頂戴できる。
社会に必要不可欠な存在であり続けようと。それを伝えていきたいですね。

山脇秀敬
山脇さんは社会に出た頃はどのような若手社員でしたか?
山脇:

めちゃくちゃ生意気でした。周りに噛みつきまくってました。若気の至りですね(笑)
最初に入った大企業でしたが、「会社を変えよう」と本気で思っていました。
入社してその思いで仕事に挑んでみると、理不尽なルールとかがたくさんある。それを思いき入り全部正面からぶっつぶしにいくもんだからメンドクサイやつだったと思います。
でも1割とか2割の人が高く評価してくれた。残りの人からは変なヤツと思われていました。
この会社ではこうしたタイプは少数派でしたから。
変わってるなーと言う人のが8割、そしておもしろいと言って下さるのが2割でした。

尊敬する方はいますか?
山脇:

二人います。

一人はピータードラッカーさん。その言葉は含蓄があって、短い言葉にしてもその経営に対する鋭い考察とエッセンスがブレないんですね。
もう一人は何度もお話を聞かせて頂いた方ですが、稲盛和夫さん。
私は経営者になった時に何を軸にしたら良いか、なかなか定まらなかった。
判断軸、自分の経営の軸。なかなか難しいのですが、稲盛さんの言葉に教えられました。
それは「動機善なりや、私心なかりしか」という言葉。
その中で厳しいジャッジをしていく覚悟があるか、フィロソフィーがあるかといったところを稲盛さんに教えて頂いたと思っています。
たくさんの諸先輩、同僚、後輩からいろんなことを教えて頂きましたが、その中でも一番リアルだったのは稲盛さん、書籍からならドラッカーですね。

この会社のリーダーとして嬉しかったこと、感動したことは何ですか? 
山脇:

一番は、社員のみなさんが、お客様から褒められること。
お客様から「素晴らしい工事をしてくれてありがとう」「中島工業の●●さんは、素晴らしい仕事をするね!」そういう風に社員が褒められているのが一番うれしい。こうしたことは、結構な頻度であるので、頻繁に感動していますね笑。

入社してくる人財にどのような働きを期待しますか? 
山脇:

いまどきの働き方かはわかりませんが、楽しみながらも真剣に働いて欲しいです。

そして、仕事はお客様のために、世の中のためにというのを志を持っていて欲しい。
また、小さな組織でもいいから若いうちからトップに立って仕事をしたい、20人のナンバー2よりは4人か5人のナンバー1を目指していきたい。そんな人財を歓迎しています。
その立場から大暴れして欲しい。多くの人がそうやって変化を起こしてくれたらそれは会社にとって大きなインパクトにつながっていくわけですから。
そういう形でどんどんチャレンジをしていくような人材に来て欲しいなと思います。

これを読んでいる学生に対するメッセージを
山脇:

人生をどう生きるかということにおいて、どこで働くのか、何をして働くのかというのは大事な選択肢になってきます。
その意味においてはまずしっかりと「社会の中のどんな位置付けで働きたいのか」と言う大きな視点と、「自分は何が好きなのか」、「どういう人間になりたいのか」という小さな視点を行ったり来たりしながらこの会社が良いな、というところを探して欲しいと思います。

就職活動というのは会社探しという側面もありますが、おそらく自分探しという側面のほうが強いのではないかと思います。自分とは何者なのか、ということを真剣に考える機会は人生においてそれほど多くありませんから。楽しみながら頑張ってください。

山脇秀敬


AIエンジニアリング株式会社 代表取締役社長 普天間大介

普天間大介
会社のビジョンを教えてください
普天間:

現在我々はお客様のところにセンサーを置いて状況を可視化して分析して助言したり、どのような設備運営が重要かをお勧めしたりしています。
お客様のそういったデータを見ているということは、お客様の状況を常に把握できるということ。
今後も、お客様が見逃しているところや気づいていないところを、ファクトから情報を得てしっかりと提案できる会社でありたいですね。

この仕事の魅力、一番面白いところは何ですか?
普天間:

お客様の状況がデータとして現れる。 これが一番面白いですね。

以前だったら何か起きてからお客様から連絡を頂戴したり、こちらから「何かありますか?」と現場に確認して初めてわかったようなことが、瞬時にわかるようになった。
お客様が気付く前に「こんなこと起こっていませんか」とか、
もしくは現場に我々の仲間がいる場合は「ちょっとこのデータおかしいから確認してみて」とか、
状況が即座にわかるというのが本当に面白いし、それがお客様の役に立っているというのをすごく感じます。

社長として、社員との間で大事にしていることは何ですか?
普天間:

自主性です。

トップダウンでやるのはいくらでもできます。が、そこには想いが生まれません。
お客様がどのような状態にになってほしいのか、何がベストなのか。自分だったらこうするというのがあってそこで議論にならないと良いものってできあがらないんですよ。
社長の私であっても経験していることは限界がある。 ひとりひとりの経験も限界がある。
最終的には私が意思決定しますけど、色々なアイデアを出せる状況を作っていくことを大事にしていますね。

この仕事をどのように次の世代に伝えていきたいですか?
普天間:

サービスをどのように成長させていくか、我々も「こういう形にしたいね」という議論は普段からしています。
それが実現していったり、そこから派生して次のサービスが出てくる。そういった流れが早く出てきてほしいなと思っています。
まだまだ人数も少ないですから。これからどんどん人数も増えていって、共感していただけるお客さんも増えていって、付随するサービスや派生するサービス、時には全く違ったサービスが出来上がっていく。そういった状態を早く実現して、次の世代に残していきたいですね。

普天間大介
普天間さんは社会に出た頃はどのような若手社員でしたか?
普天間:

私は就職時にバブル崩壊のあと処理を社会全体でやっていたんですね。銀行も証券会社も倒産する時代です。まさにゲームのルールが大きく変わっている時期。
その時に思ったのが、前例をそのまま踏襲してたらろくなことにならないな、ということ。
なので、若手の頃もわからないことはそのまま聞いてましたし、納得のいかないことはやりませんでした。
いまだに覚えてますが、新入社員の頃に「商品とサービスは売るけど、魂は絶対売りませんから私は」と言った覚えがあります。かなり生意気な新入社員だったことは確かです(笑)
ただ、それを後悔しているかというとそれはなくて、それはむしろ誇りに思っています。
その頃から、上から押さえつけることと、いままでこうだったからということでロジックも無くさせるというのが大嫌いで、いまでもそれだけは絶対やるまいと思っています。

尊敬する方や心に残る本はありますか?
普天間:

私は最初のキャリアが会計系のコンサルタントでした。
文学部卒業なので会計なんか勉強したことがなかったのですが、色々な本を読んで一番衝撃を受けたのは、稲盛和夫さんの「実学」という本。
なんで減価償却が必要なのか、なんでこの数字をこのように扱うのかというのが、もの凄く分かりやすく書いてあるんです。そこで3年間の悩みがストンと落ちて、やっと会計の世界が頭のなかでつながってきたという瞬間がありましたね。
本というのは、いろいろな投資の中でももの凄く優れたリターンをもたらすものだと思っています。
この稲盛和夫さんの「実学」という本は誰に聞かれても自信を持って紹介することができる本だと思っています。

この会社のリーダーとして嬉しかったこと、感動したことは何ですか?
普天間:

私が中島工業グループに入ってからやってきたことの柱として大きかったのはITの部分です。入社としたときはまだまだ使いこなせていない状態で「もったいない」と思いました。
当然新しい物を入れる最初の頃は抵抗感もあります。「難しい」とか「使いにくい」とか。
ある日、「普天間さん、WEB会議の仕方教えて」と尋ねられました。まさかこのはどちらかというとITは「苦手」な人。教えてと言われるなんて思っていなかったので、私の心の中ではガッツポーズでした。やっとこういう人も使ってくれるようになったなと。嬉しかったですね。3年くらいかかりました。自分がやっていることが浸透するのにそれくらいかかったんです。それがクリアできたときには本当に嬉しかったですね。

入社してくる人財にどのような働きを期待しますか?
普天間:

積極的に学んで積極的にアウトプットをしていく。たくさんの試行錯誤を、自分からしていく。
リスクを取らない人は正直言って仕事でも伸びないです。それは明確。
数をたくさんこなして、質があがっていく。これはどんな時代でも変わりません。
うまくいかなかったら 「うまくいかなかったんだ。じゃあ次それをどういかそうか」ということをたくさん繰り返せば良い、そう思っています。
だいたい「失敗して怒られる」という会社でないので、うちの会社は。
チャレンジをすると怒られるような会社はやめた方が良いと思いますよ。能力開発がなくてもまわるような仕事はいずれ自動化され淘汰されます。
仕事のなかで自分の能力開発をする、というのをどんどんやってほしいと思っています。

これを読んでいる学生に対するメッセージを
普天間:

自分の人生は自分で責任を持ちましょう。それだけ(笑)
これから生きるのは若い人達だし、これから未来を作るのも若い人達。
先輩たちが作ったレールの上にのっかるのが果たしておもしろんですかね、というのはすごく感じます。
最初は乗ることが大切かもしれませんが、いつまでも乗るのではなくて、自分でレールを作るのかレールを変えるとかと言うようなことにチャレンジして欲しいですね。

私は危機感を持っています。日本のITは実は四半世紀遅れていると思っています。
この国ではチャレンジしようとしても「時期が早い」とか「わかりにくい」とかで完璧にしようとして遅くなってしまうことが多い。

普天間大介

未来を、想造する