中島工業

Profile

夢は「日本の食の安全を守る」こと

2019年4月入社・新卒採用

東将之    /      中島工業  

この会社の魅力、一番面白いところ

中島工業の魅力は施工領域の広さだと思います。中島工業は他社と比較して施工領域が広いため入社当時はすべての施工領域を理解することができるか不安に思っていました。
しかし、施工領域が広い分学びがとても多いです。入社して半年が経ち、この半年間で空調工事や井戸工事、配管工事など多くの現場を見てきました。学んだ分野は違えど、つながる部分もあり、自分の頭の中で知識がつながっていく感覚があり楽しく感じています。
。また中島工業は一つの工事の現場調査から現場管理まで一貫して任せてくれます。現場でどのように工事が進んでいくのかを自分の目ですべて見ることができ、理解を深めることができるのも一つの魅力だと思います。

この仕事を選んだ理由

この仕事を選んだ理由は多くの食品に関わることができる仕事だと思ったからです。
私はもともと食品関連の会社に就きたかったため、農学部で微生物の研究をしていました。食品メーカーを中心に選考を進めいていく中で、中島工業がなぜ自分に声をかけてきたのだろうと不思議に思ってました。
しかし話を聞いていくうちに、中島工業のお客様には食品メーカーが多く、様々な食品に関わることができると思いました。
食品メーカーに就職すると取り扱える商品が限られてきますが、中島工業ならより多くの食品に関わりながら仕事ができると思い、入社を決意しました。

大変なことがあっても、この仕事をやめていない理由

中島工業そして中島工業に関わる人が皆さんいい人たちである事と、そして自分が成長できる環境があるからです。
まだわからないことだらけで、仕事が上手くいかなかったりすると、必ず先輩方は助けてくれます。たまに怒られたりもしますが、僕に対してもしっかりフォローをしてくれます。
仕事内容も大切ですが、一緒に働く人がどのような人かという事も重要なことだし、そのような環境が僕をレベルアップさせているので、辛くても前向きに仕事をすることができます。

仲間との間で大事にしていることは何か

同期との間で大切にしていることは、コミュニケーションです。
仕事で辛くなった時に心の支えになるのは同期です。
同期とは最初の大阪での研修で2か月ほど一緒に勉強や生活をしました。社会人になって友達はできないだろうと心のどこかで思っていましたが、中島で出会った同期は一流の社会人という同じ夢を目指しているためすぐ仲良くなれました。
今は全国に散らばっていますが、たまに電話などしてコミュニケーションをとることによって今後さらに頑張る糧にしています。
やっぱり同じ中島工業という会社に入って頑張っている仲間と話すと自然と力が湧いてきます。

あなたの仕事をどのように次世代に伝えていきたいか

この施工管理の仕事を楽しいものとして次世代に伝えていきたいです。
中島工業に関わる全ての人たちはきつい中でも仲間を思いやって前向きに働いており、楽しく仕事をできています。
一緒に仕事をする人たちを大切にすることによって、自発的に仕事をする人材を増やしていきたいです。
また楽しく仕事をする中でもけじめをつけるところはしっかりけじめをつけ、メリハリをつけて効率よく仕事を行えることを伝えていきたいです。

未来を、想造する